Pocket

こんにちは

 

 

「運命の人」

とっても良い響きですよね。

一度しかない人生。

運命の人と出会い、最高の人生を送りたいと望むことは、人間として当たり前のことです。

なんとしても、運命の人と出会いたいですよね!!

 

 

「運命の人」の定義

 

「運命の人」とは一体どういう人のことなのでしょうか?

あなたの言う事をなんでも聞いてくれる、都合の良い異性でしょうか。

儲かるビジネスチャンスをくれる相手でしょうか?

どうでしょう?

あなたにとっての運命の人とはそういうイメージですか?



運命の人とは、落ち着いて考えてみると、そういう「依存する関係性」ではないように思えます。

・依存する関係ではない関係 ×

・相互に高め合える関係 ○

 

「出会うことによって、お互いの人生が10倍にも、100倍にも素晴らしいものになる関係性の人」

 

と定義できそうですね。

今回の記事では「引き寄せの法則」を使って、本当の意味での「あなたにとっての運命の人」と

必ず出会える方法を紹介します。

 

 

引き寄せの法則を使って、運命の人と出会う

「 引き寄せの法則」はみなさんも一度は耳にしたことがあると思います。

上手く使いこなせば、望むもの全てを手に入れることができると言われるほど強力な法則です。

今回は、この引き寄せの法則の正しい使い方を紹介しますので、この強力なパワーを持つ引き寄せの法則を十分に活用し、

運命の人と出会って下さいね。

 

引き寄せの原理とは

まずはじめに、引き寄せの法則を使うには、引き寄せの法則の原理を知ることが何よりも重要です。

引き寄せの法則と言われると、スピリチュアルで、なんだか神秘的なイメージを想像しますが

これは脳機能科学の理論を使うと、分かりやすく説明できます。

引き寄せの法則は

「脳は、自分が重要と思うものしか認識することができない」

という脳の特性から引き起こされています。

 

ベビーカーが街中にあふれ出す

こういう例え話があります。

 

あなたが妊婦になった瞬間、街中にベビーカーがあふれ出す。

というものです。

 

これは、どういうカラクリかというと

妊婦ではないあなたにとって、ベビーカーは全く重要でありませんでした。

ですので、街中でベビーカーを見かけても、あなたの脳は意識下にあげなかったのです。

そこに存在はしているが、脳は認識しないので見えてない、ということです。

しかし、あなたは妊婦になった瞬間、生まれてくる赤ちゃんの為に

「どんなベビーカーにしようかな」

と意識します。

意識したとたん、あなたの脳は「ベビーカー」というものにロックオン

今まで、目の前に存在していても、意識下にあげなかったベビーカーを認識し始めるのです。

結果、街中でベビーカーがあふれ出すという現象が起こるというわけです。

「今まで気にしていなかったが、意識すると見えるようになる」

これこそ、引き寄せの法則の原理です。

 

あとは、引き寄せたものをどんどん手繰っていけばいいだけです。

どんどん引き寄せ、どんどん手にしていけばいいだけ。

なんと単純で簡単で素敵な法則でしょう!

 

さて、ここからは、みなさんが一番気になる、引き寄せの法則の「使い方」を説明していきます。

 

 

引き寄せの法則の正しい「使い方」

引き寄せの法則を使って運命の人と出会う為に

まず最初にはっきりさせておかなくてはいけない一番重要なことがあります。

それは

・あなたにとっての運命の人とは「どんな人なのか?」

ということです。

 

なぜなら、運命の人が具体的に「どんな人なのか」定義できないと脳も意識しようがありません。

一歩、外へ出たら、人はいっぱいいます。

その中から、脳に、運命の人を認識させないといけないからです。

 

 

あなたにとって「運命の人」とはどんな人?

実際、あなたにとって、どんな人が運命の人なのか、しっかり定義しなさい

といわれても、とっても困ってしまいますよね。

みなさんの「そんなの分かんないよ~っ!」ていう声が聞こえてきそうです。

では、どうやって、運命の人を定義するかというと
それは

その運命の人と「どのような未来を共有したいか」を具体的に決めることです。

 

運命の人と出会うことで

共有したい体験

共有したいライフスタイル

共有したい目標

共有したい夢

これらの設定が何よりも先なのです。

 

 

恋愛であれば

・どのような関係性になりたいのか?

・共有したい体験は?

 

 

結婚であれば

・夫婦で力をあわせて実現したいライフスタイルは?

・子育ての方針は?

 

 

ビジネスパートナーなら

・共同運営をしていく上で、どのような事業計画・目標を立てるのか?

・どのような役割分担をするのか?

・相手の為に自分がしてあげたい役割は何か?

・その目標を達成した時は、どのようなライフスタイルを送りたいのか?

 

 

上の例のように、運命の人と共有したい未来・ライフスタイル・目標

それらを紙に書き出してみてみましょう。

どんなものでもいいですし、何個でもいいです。

数は多ければ多いほど臨場感(リアリティ)が沸くので、できるだけ多い方が良いです。

徹底的に搾り出してみてください。

これを設定できた瞬間から、あなたの脳は、あなたが意識していようが、していまいが

あなたの意識とは関係なく、勝手に運命の人を24時間、休むことなく探し続けてくれます。

 

そして、あなたが望む「パートナーと共に手に入れたい未来」に関係ありそうな人をどんどん見つけてくれます。

あなたは、その中から、その時に一番気が合う人を選ぶだけです。

そして、あなたが選んだ人が「運命の人」になるのです。

あなたは、パートナーと共に手に入れたい未来をワクワクしながら書き出すだけ。

これはとっても素敵な出会い方だと思いませんか?!

 

引き寄せの法則を、最も効果的に使う3つのコツ

必ず紙に書く!そして、毎日、目につくところに張る!

人は忘れる生き物です。

ある日あなたは一代決心をします。ある夢を絶対に叶えたい!と。

しかし、人は、そこまで思って決心した事すら、一晩寝ると忘れてしまうのです。

これが「三日坊主」といわれる現象です。

みなさんもこういう経験ありますよね。

これは、その時の決断を忘れてしまうからです。

ということは、その思いを、毎日思い出せばいいのです。

書き出して、部屋の入り口のドアノブの上など、毎日目に止まるところに張る。

そうすることによって、あなたは毎日

「パートナーと共に手に入れたい未来」

を思い出すことができ

運命の人を見つけるために、脳を毎日フル回転させることができます。

 

 

リアリティが強ければ強いほど、引き寄せパワーは強くなる

共有したい未来のイメージは、細部まで、できるだけ具体的に書き出してください。

その未来を手に入れた時のイメージのリアリティが強ければ強いほど、引き寄せの法則は強く働きます。

イメージのリアリティの強め方はこうです。

登場人物や風景について、気温・匂い・味・音・色・感触など

視覚だけでなく、五感でリアリティを強く感じれるくらい

できるだけ具体的に書き出してください。

 

例えば

「愛する夫と年に1回は、バリへ海外旅行をする。」

というゴールを書き出すとしたら

その時の二人がいる場所は、バリのどこですか?

クタのビーチですか?

それとも自然いっぱいのウブドですか?

そこで何をやっていますか?

サーフィンですか?

それとも夕日を見ながらバーでお酒を飲んでいますか?

ホテルのプール沿いでランチをしていますか?

それとも幻想的な炎の中で踊られるケチャダンスを見ていますか?

 

その時間帯は

お昼ですか?

夕方ですか?

夜ですか?

 

気温はどうですか?

暑いですか?

ちょうどいいですか?

 

湿度はどうですか?

 

周りにはどんな人たちがいますか?

 

そんな表情をしていますか?



こうやって、イメージに色、温度、感触、臭い、味など

五感をフルに活用することによって

そのイメージにリアリティを感じるのです。

 

リアリティが強くなれば強くなるほど、引き寄せの力は増大します。

 

さらに、そのゴールを達成している情景をイメージすると

心からワクワクしてきて、書き出す作業も、とても楽しくやれます。

 

 

take & give ではなく give & take

私たち人間は、とても心が弱い生き物です。

運命の人を想像する時に、どうしても、自分にとって都合の良い人を想像してしまいがちです。

しかし、与えてもらおうとする姿勢は、引き寄せのパワーが下がります。

まず「与える」が先。

人は「他人から何かをしてもらうと、相応のお返しをしないと、いてもたってもいられなくなる」という性質を持っています。

心理学的に「返報性の原理」とも言われ、ビジネスの世界でも知られています。

そして、そのパワーも強力です。

できれば「give,give,give,give,give & given」の関係が、理想の間柄ではないでしょうか。

 

「持ちつ、持たれつ」は依存なニュアンス。

「与えて、与えて、与えて、与えて、そして、相手から与えられる。」

これは素敵な間柄だと思います。

 

そういう、お互いを大切にしあう関係性、それが運命の人同士の関係性だと私は思っています。

 

 

運命の人には2種類ある?

実は、運命の人には2種類あるのを知っていましたか?

一つは、ずっとあなたのそばにいて、良い人生になるように影響を与え続けてくれる人。

これは想像しやすいですよね!

「ソウルメイト」とも呼ばれ、何度生まれ変わっても「つながっている魂」があると言われています。

ソウルメイトとは2つがセットになっていて、何度生まれ変わっても必ず結ばれ

お互いの魂を支え合い、磨き合う永遠の関係の魂。

 

恋愛だけでなく、家族、ビジネスパートナーとしても存在すると言われています。

 

逆に、そのソウルメイトではない魂の人と結ばれてしまうパターンも、まれにあるそうです。

そういう場合は、どんなに努力をしても、なんだか上手くいかない。しっくりこない。

その内、そのしっくりこない感がストレスとなって積もり、憎しみにかわり

最終的には離婚、または共同経営であれば破綻・解散といった結果になると言われています。

 

しかし、そういう人が、あなたの魂にとって完全に悪であり

出会わなかった方が良い存在だったかというと、そうではないのです。

 

人生とは人間関係の連続です。

 

そして、人生の質は、人間関係の善し悪しによって、大きく左右されます。

人間関係が上手くいかない原因は、お互いの人間性の問題に起因することがほとんどです。

その問題を抱えたままでは、何度も同じ過ちを繰り返して生きていくことになります。

あなたが人として成長し、その問題を克服したとき、それからの人生で

その問題で人間関係が壊れることはなくなります。

 

私たち人間は、成長するために生まれてきたのだと仮定したら

問題を乗り越え、成長していくことが人生の目的と言うこともできるでしょう。

 

このことを踏まえ、こういう考え方もできると思いませんか?

あなたの未熟な魂が抱える問題にあえて反応し、問題点に気づかせてくれる魂。

あなたが人間として成長する為に、ある大切なことを気づかせるために、わざわざ嫌な役割を持って関わってくれる魂。
そういう魂もあるといわれています。

 

読者のみなさんの中にも

「当時は辛かったが、思い返せば、その人のおかげで、たくさん学びがあったな。」

という思い出もある人も多いと思います。

 

そう考えると、そういう縁をもった人も、かけがえのない「運命の人」といえると思いませんか。

その人がいなければ、自分の問題に気づき、成長することが出来なかったのですから。

そう考えたら、過去に人間関係で苦しい思いをしたことがある人も

過去の全ての人たちに心から感謝の気持ちであふれませんか?

 

(こういうスピリチャルを信じない人は、こういった考え方をしてみると分かりやすいという「例え話」と思って読んでみてくださいね。)

 

理想の未来を引き寄せれば、過去だって変わる

過去に対人関係で、どれだけツラい思いをしたとしても、未来が自分の望むものになれば

今まで出会った全ての人が運命の人となるのです。

 

対人関係だけではありません。

あなたの人生を素晴らしいものにするために、ぜひ引き寄せの法則を活用してください。

そのためは、何よりも先に、自分の望む未来を具体的に決めることから始まるのです。

 

まずは「運命の人と共有したい未来・ライフスタイル・目標」これがありきということです。

そして、それを強くイメージすると、心からワクワクできる。

この引き寄せの方法を使うと
心からワクワクできるから、楽しく引き寄せることができるのです。

 

この方法を使いこなし、体感として理解できると

この方法は「運命の人を見つける」ことだけに限定されないことが分かると思います。

この方法は、あなたが望む、すべてのものを手に入れることができる、究極の法則なのです。

だって、この記事を読んで感動しているあなたは

明るい未来を望んだから、この記事を引き寄せた、と考えることができると思いませんか。

読むだけで満足するのではなく、ぜひ、実践していだだき

あなたが望むもの全てを引き寄せていただきたいと思います。