Pocket

こんにちは。tetsuです。

 

仕事柄、いろんな方々とお話する機会があるのですが

現代の日本における副業・起業の必要性、人生観、これからのビジネス論等について話していると

たまに「人生はお金ではない。」というフレーズを使われる方がいらっしゃいます。

 

その瞬間、どうしても心がザラッとしてしまいます。

 

 

論理が破綻しているフレーズ「人生お金が全てではない。」

どうしてかというと

「あなたも会社に務めているけど思いますが、お金を目的としていないなら、給料をもらわないで働いてください。」

と言いたくなるのです。

 

実際に、そう言ってしまうことがあるのですが

みな「それは出来ない。」と言うのです。

 

お金の為に働いているのに「お金ではない」という。

論理が破綻しているんです。

 

 

質素が好き、と質素にしなくてはならないは違う

また
「今いただいている給料に不満を言わず、その中で、倹約して質素に生きるべき」

と言いますが

それもお金に縛られている裏返し。

 

倹約しなくてはいけないということは、お金に縛られているということです。

 

そういう人って、どこかで「お金は悪い、汚いもの」と思い込んでいるのだと思います。

そのために働いているくせに。

 

 

しかし、お金って、そんなに悪いもの、汚いものなのでしょうか?

 

 

お金を汚いものにする人、お金を素敵なものにする人

よくよく見てみると
お金をしっかり稼ぎ、本当に豊かな人は、他人の為にお金を使います。

ソフトバンクの孫正義さんは、東日本大震災に100億円の義援金を寄付しています。

困っている人に100億円もポンと寄付できるって、とても素敵なことではないでしょうか?

そう考えると
「人生はお金ではない」と言っている人ほど、自分のことしか考えていない人のような気がします。

 

 

お金が集まる人

僕は、お金というのは、正しい使い方を知っている人のもとにしか集まらないと思っています。

人のためにお金を使える人、人の役に経っている人。

そういう人が、本物の「豊かな人」なのだと僕は思います。

僕の周りには、そういう豊かな人がたくさんいるし、その方々から、多くのことを学ぶことができます。

もちろん、お金で解決できないこともあります。

 

 

愛はお金で買える

よく言われる

「お金で愛は買えない」

そのとおりだと思います。
人の気持ちは、お金で買えたりなんかできません。

 

しかし、愛する人と結ばれ、結婚したまでは良かったがその後、事業で失敗し、大きな借金を抱え、それが原因で別れてしまっているケースも良く見ませんか?

これって、借金がなければ、その愛は続いていたはずです。

言い換えるならば、「お金があることで愛を維持できた。」と表現できると思いませんか?

 

また、親子であっても金銭トラブルが原因で殺傷事件に発展するといった事件も、あとを絶ちません。

もし、その二人が、溢れるくらいの資産を持っていたなら、そもそも金銭トラブルなんて起こりませんし、殺傷事件になんか、起こらなかったはずです。

言い換えるならば、「お金があることで殺人事件を防ぐことができた。」と表現できると思いませんか?

 

こう考えてみると

 

お金自体が悪いのではなく、「お金に困ること」が悪を生み出している。

 

と言うことができます。

 

だからこそ、僕は「お金はあったらあっただけ助かるし、あって困ることは一切ない。」と思っています。
そこに一切の後ろめたさもありません。

 

お金の本当の価値を考える

資産を持ち、本当に豊かな人は、巨額の寄付をし、人を助け、自分のやりたいことをやり、その上で、お金で解決できないことがあることも知っています。

お金の本当の価値を分かっているのです。

なので、豊かな人は、絶対に「人生はお金ではない」なんて言いません。

ですので、正しい表現は

「人生、お金は絶対にあったらあっただけ良い。しかしお金だけではない。」

と認識しているのがちょうど良いニュアンスなのだと思います。