Pocket

ネットビジネスやネット集客のために、手始めにブログを始める副業初心者も多いと思います。

副業初心者の中には、副業も当然ですが、ブログを書くこと自体も初めての経験で、どんな記事を書くべきか、1記事、何文字程度の記事を書かなくてはならないかで、悩んでいる人も多いはずです。

なぜなら、僕自体そうだったからです。

ブログを始める時、いったいどんな記事を書こう、どれくらいの長さにしよう

と悩んでしまって、なかなかブログを更新できずにいました。

そこで、ビジネスブログの適切な文字数について調べてみると、1記事、1000文字以上とか、2000文字以上、といったことが書かれてありました。

読者のみなさんの中にも、そういった記事を読まれた方もいらっしゃると思います。

それを読んだ時、どう感じたでしょうか?

実は、それを見た時、僕は「2000文字も書かなくてはいけないのかぁ、厳しいな。。」と感じていました。

何を書こうかすら、思いつかないのに、2000文字なんて、、

という感じです。

その時に、一度、冷静になって、ビジネスの本質に立ち戻ることにしました。

「ビジネスの本質」とは

さて、いったい、何でしたでしょうか?

みなさん、考えてみてください。

僕のブログの読者は、ちょくちょく記事に書いてますので、思い出してみてください。

それは

「人の役に立つ」

ということです。

こちらのサービス(コンテンツ)が人の役に立つものでなければ、報酬は発生しません。

どんなビジネスモデルであれ、「人の役に立つこと」こそが、ビジネスの本質なのです。

このビジネスの本質を、ブログを書くときにも置き換えて考えてみました。

「人の役に立つ記事(ブログ)を書く」

これだけを考えることにしました。

人の役に立つ記事(ブログ)とは

インターネットで調べものをするということは、そこに悩みや疑問があるからです。

そして、検索者は、その悩みや疑問についての答えを探すために検索するのです。

この本質に立ち戻れた時、僕がブログで書くべき記事とは「みなさんが悩んだり、困ったりしていることについて、僕が持っている知識や経験を総動員させ、解決策や回答を提案することなのだ。」ということに気づくことができたのです。

これが分かってからは、記事を書くのが楽しくて、楽しくて、しょうがなくなりました。

だって、自分の知識や経験が、ひとりでも多くの方々の悩みや疑問を解決できるって、最高じゃないですか!

なので、書いているうちに、1000文字なんて、簡単に越えてしまいます。

というより、その悩みや疑問について、自分の持っている知識と経験を生かして、全身全霊、全力で答えようと思ったら、1000文字では収まりきれません。

2000文字以内にも収めることは難しいでしょう。

だって、自分の記事を読んでくれている人って、自分にとっては本当に大切な方々ですから。

少なくとも、僕にとっては、あなたを含め、読者一人ひとりが、とても大切な方々です。

そんなみなさんの笑顔を思い浮かべたら、最高な気持ちになりませんか?

だから僕は、1記事、1記事、魂を込めて、全身全霊で書いています。

そうやって、一つ一つのみなさんの悩みや疑問について、一つ一つ真剣に、本気で答えるから、たくさんの読者が集まってくれるサイトに育つのです。

あなたのブログの価値は、まさに、あなたという人の価値そのものを表すんですね。

「人の役に立つ記事を書く」

そう考えると「1記事、何文字が適正か?」なんていう疑問は、ビジネスをやっていくうえでは、全く筋違いな疑問だということに気付けたと思います。

たくさんのファンをもつブログ(メディア)を作りたいならインプットこそ大切

ビジネスブログの本質が「人の役に立つ」ということは、あなたのメディアが、どれだけたくさんの人の悩みや疑問を解決したか、が問われるということです。

記事を書くときに、一生懸命、心をこめて記事を書くことは、当然のことなのですが、もっと効率的に、人の役に立つ方法があります。

それは、インプットを増やすということです。

あなたは既にたくさんの知識と経験をお持ちだと思います。

しかし、知識とは、多ければ多い方が、人の役に立つことができます。

ですので、一人でも多くの人の役に立つ記事、ブログを書くために、ぜひインプットに力をいれていただきたいと思います。

アクセスが集まるブログを書くためのインプットの方法

しかし、急に「インプットをしなさい。」といわれても、何をどうすればいいか分からないと思います。

知識とは膨大です。

知識とは宇宙です。

そんな膨大な知識を得るための絶対的な方法などありませんが

少しだけ、アドバイスをするとしたら

「今、興味のないことを知る」

ということをしてみてください。

なぜ、そのようなことを言うかというと

既にあなたが興味を持っていることは、あなたは好きなので、改めて知識を得ようと努力する必要はないからです。

逆に、興味のないことは、全くの無知なジャンルなので、そこを知ることで、あなたの宇宙は一気に広がるのです。

アクセスが集まるブログを作るために、全く興味のないジャンルをインプットする方法

基本的には、読書もしくはネットサーフィンがおすすめです。

読書が好きな人は、書店へ行って、今まで興味がなかったジャンルの本棚を物色してみてください。

書店ランキングを物色するのもいいです。

ただし、小説や漫画は避けてください。

今回の目的は「知識のインプット」なので。

図鑑や百科事典も良いかもしれませんね。

ネットサーフィンをするなら、何でもいいですが

読んでいて、分からない単語があったら、すぐにその単語を検索します。

その検索した記事の中で、分からない単語を見つけたら、またすぐ検索。

こうやっていく内に、どんどん知らなかった情報や知識をインプットすることができます。

例えば、パソコンと検索します。

パソコンと検索すると、ウィキペディアには、CPU、メモリ、オペレーティングシステム、マイクロプロセッサ、LAN、マザーボード、アーキテクチャ、などといった単語が、どんどん並んできます。

普通の人は、それをしっかり理解できている人は少ないと思います。

それを一つ一つ、ネットサーフィンするのです。

例えば、CPUを検索すると、さらに、記憶装置、バス、キャッシュメモリ、レジスタ、演算装置、クロック、などという単語がまた現れ、あなたの宇宙はさらに広がっていきます。

これを、毎日、暇なときにコツコツしているうちに、あなたの知識は、どんどん膨大となっていきます。

そうすることによって、今までカバーできなかったジャンルも、カバーできるようになるのです。

その結果、あなたは、さらにたくさんの人の役に立てるようになります。

まとめ

・文字数を気にするのではなく、人の役に立っているかどうか、という視点で捉える。

・ネットを検索する人は悩みや疑問を持っている

・検索する人の悩みや疑問を解決するために真剣に記事を書く

・一人でも多くの人の疑問や悩みを解決するためにインプットを増やす。

・読書やネットサーフィンで楽しみながらインプットを増やせばいい。

もし、あなたが副業を始めようとするなら、自分のメディア(ブログ)構築は、強力な武器となりますので

ぜひ、どんどんインプットし、読者のみなさんのお役に立てるように、どんどんアウトプットしていって下さい。