Pocket

「お金」に悩んでいる人は多い。

というより、世界のほとんどの人が「お金」に縛られ生きています。

その中で、私達が「お金」から自由になるためには、2つの方法しかありません。

・お金持ちになり、お金から開放されるか

・お金という概念が存在ない世界に行って暮らすか

のどちらかしかありません。

しかし、ほどんどの国の社会構造が資本主義というルールで成り立っている以上、後者の方は、現実的ではありません。

ということは、前者の「お金持ちになる」のが、一番現実的な方法です。

本ブログで紹介するような、お金に対しての「正しい情報」を知れば、人は、みんな、お金持ちになることができます。

しかし、残念ながら、日本ではお金に対する教育は一切なされません。

 お金について学ぶならお金持ちから学ぶ

では、私たちは「お金」というものについて、誰から学ぶかというと、からしか学ぶことができません。

しかし、その親はお金持ちでしょうか?

お金持ちでない人から、お金の教育を受ける。

これでは、お金持ちになれないのは当たり前ですよね。

お金に対する正しい教育を受けてこなかった結果、一生お金に縛られ続けて生きる人がほとんどなのです。

お金がない人と、お金持ちになる人の差は、「お金に対して正しい教育を受けているか、いないか」です。

今回は、「あなたがお金持ちになれる」シンプルな方法をお教えします。

これだけ知っていれば、あなたは絶対にお金持ちになれる!

今日から、お金を「ありがとうポイント」と呼んでください。

お金を「ありがとうポイント」と見ることができたなら、お金はあなたの手元にどんどん集まってくるようになります。

あなたを「お金がない」状態にし続ける本当の元凶とは

あなたが、いつまでもお金がないのは、「お金の呪縛」に縛られ続けているからです。

お金持ちになるには、その「お金の呪縛」から解き放たれる必要があります。

この呪縛は、「お金のメンタルブロック」とも呼ばれます。

このお金のメンタルブロックは、あなたがどれだけ「お金が欲しい」と願っても、潜在意識として強烈に働き、あなたとお金を引き離します。

このメンタルブロックを外さない限り、あなたは一生「お金ない」と悩み続ける人生を送らなければなりません。

しかし、お金を「ありがとうポイント」として見ることによって、一気にメンタルブロックを解除してしまうことができます。

あなたを蝕む、お金のメンタルブロックを作り上げる元凶とは

日本人は、お金を稼ぐことに対してネガティブな感情をもっています。

それは、私たちが気づかないうちに、周囲の人たちから、上手に刷り込まれた洗脳だったのです。

「人生、お金ではない」という無責任なきれいごと

「人生、お金ではない」よく耳にする言葉です。

親や親友たちが、あなたのことを心配してくれて言ってくれます。

とてもかっこいい響きがします。

確かに、愛や友情といった人の気持ちなどはお金では買えません。

しかし、本当にそうでしょうか?

その、たかが「お金」というものに、悩み、人を殺したり、自殺したり、たくさんの人が苦しんでいるのが現実です。

仲の良かった夫婦が、借金苦が原因で別れるというニュースも目にします。

もしこの夫婦が十分なお金を持っていたとしたら、別れなくて良かったかもしれません。

金銭トラブルだって、両者ともお金に困ってなければ防げたかもしれません。

そういう視点でいうなら、「愛や人命もお金で守れる」と言えると思いませんか?

それを「人生お金ではない」と耳障りの良い言葉で、問題をすり替えるのは簡単です。

しかし問題は一つも解決できていないです。

お金があれば解決できる問題は、お金で解決して何が悪いのでしょうか。

お金を「問題解決をする手段」と考えれば、お金は、あって困るものでは一切ありません。

分かっておかなくてはならないのは、「お金は手段であり、目的ではない。」ということです。

「人生、お金は大切。しかしお金が目的ではない。」が正しい表現ではないでしょうか。

さらに突っ込むと、その人たちは、自分で考え、よく吟味した上で「人生お金ではない」と言っているのでしょうか?

いいえ、その人たちも、テレビや親、先生などの受け売りです。

むしろ、そういった人ほど、お金に縛られ続けて生きています。

しかしお金について正しい知識がないから、得ることはできない。

だから、お金の問題を解決することを諦め、きれいごとを自分に言い聞かせ、お金というものを直視することから逃げ続けているだけなのです。

そんな人たちの無責任な言葉に、決して騙されてはいけません。

本当のお金持ちは、お金が問題で苦しむことはありません。

その上で、お金では買えないものがあることを知っている。

だからこそ「お金は大切。しかし人生お金だけではない」と言えるのです。

あなたがお金持ちになりたければ、親や友達からではなく、お金持ちから学ぶべきなのです。

過去から続く洗脳を今でも信じ続ける日本人

「士農工商」という言葉を、みなさんも聞いたことがあると思います。

江戸時代の身分の順位を示す言葉です。

ここでいう「商」とは商人のことで、一番低い身分とされています。

なぜ、この言葉がメンタルブロックにつながるかというと、この言葉が作られた社会的背景を理解すると分かります。

当時、大阪を中心とする商人は、貿易により手に入れた富で一大勢力となり、政府に口を出すくらいの巨大な力を持つようになっていました。そういったことから政府は大きくなりすぎた商人を疎ましく思っていました。

また、農民の存在も大きな問題を抱えていました。

農民は常に貧しく、重税に苦しみ、その不満から、いつ何どき百姓一揆を起こしかねません。

しかし、国の食糧事情を担うのは農民であることも事実であり、政府にとっては無くてはならない存在でもあります。

そういったことから、政府は農民達の扱いを上手くマネジメントする必要がありました。

この政府とのパワーバランスを調整するのが「士農工商」という身分制度の設定でした。

商人は、一番身分が低いところに位置され、農民は士(お侍)の次に身分が高いとされました。

そうすることにより、農民には「自分たちは身分は高いのだ」と思わせることで、不満を解消させ

「商人は卑しい、お金を稼ぐことは卑しいこと。」という洗脳を、住民に上手く刷り込むことに成功しました。

さらには、農民に「お金」という力を持たせないように「二兎追うものは、一兎も得ず」という言葉を巧みに使い、農業以外の副業をさせないように洗脳したのです。

この「士農工商」という身分制度の設定により

・お金を稼ぐのは身分の低い人がやる卑しいこと。

・貧乏人は貧乏人のまま、副業などせず、国や組織のために働き続けることが身分相応

といった洗脳を、日本人の心の奥まで浸透させることに成功しました。

そして、この江戸時代の洗脳が、完全に社会形態が変わってしまっている現代でも、お金に対するメンタルブロックとして強く働いているのです。

「おぬしも悪よのう」

私たちは子供の頃から、お金持ちは悪事を働いて儲けている、という洗脳を知らず知らずの内に刷り込まれています。

テレビをつけると、ニュースやくだらないバラエティ、ドラマで溢れています

ニュースを見れば、振り込めサギだの、強盗だの、金銭トラブルによる殺人だのと、人がお金の亡者になってしまった事件を垂れ流し続けます。

テレビドラマやマンガでも、金銭トラブルがもとでの殺傷事件を題材としたストーリーもたくさんあります。

また時代劇などでも、庄屋がお金儲けをするために、代官に賄賂を送り「お主も悪よのう」というセリフを言うシーンが垂れ流され、僕たちは子供の時から見せ続けられています。

そうやって育ってきた僕たちは、お金を得ている人は「何かしらの良からぬことをやって儲けている人」

という完全にネガティブなイメージを、私たちは子供の頃からシャワーのように浴びせ続けられるのです。

そのお金に対するネガティブな感情が、あなたがお金持ちになるのを徹底的に邪魔しているのです。

しかし、お金持ちの人、稼いでいる人は、本当に悪事を働いているのでしょうか?

お金持ちだけが知っている、お金の本質

サラリーマンしか経験がなく、自分でお金を稼いだことがない人は「自分の労働時間の等価として当たり前に会社から支払われるもの」くらいにしか認識していません。

しかし、あなたが本当にお金を得たいのなら、どうやったら「お金」というものを得ることができるのか、その本質を考え直してみることが一番大切です。

お金はお礼

いきなり答えを書きますが、犯罪などの例外は抜きで、真っ当な形で、お金を得る方法はたった一つしかありません。

それは「提供したサービスに対しての見返りとして得る」ということです。

レストランであれば、お客は「美味しい料理を提供してくれてありがとう。おかげで最高の気分になった。」とお礼の意味でお金を支払います。

マッサージ店であれば、お客は「素晴らしいマッサージをありがとう。おかげで身体が軽くなった。」とお礼の意味でお金を支払います。

投資やセミナーなどの情報ビジネスでも「こんなに素晴らしい情報をありがとう。おかげで今後の事業が上手くいきそうです。」と、お礼の意味で参加費を支払います。

営業マンもそのサービスやモノを販売することで、相手から「こんな素晴らしいモノを教えてくれてありがとう」とお礼の意味でお金を支払うのです。

そういうことです。お金を得るには、人の役に立ち、見返りとして得る方法しかありません。

そして、お金持ちとは、たくさんの人の役に立ち続けているという証拠なのです。

この本質に気づいた僕は「お金」のことを「ありがとうポイント」と呼ぶようにしています。

お金を「ありがとうポイント」と思えば、どれだけでも集められる。

心のどこかで、お金を稼ぐことは卑しいこと、悪いことと思っている間は、お金のメンタルブロックが働き、一生お金を得ることはできません。

しかし、ありがとうポイントと思えば、そのメンタルブロックを一瞬で外すことができます。

ありがとうポイントを得るということは、自分の周りに喜んでいる人がいるという証明なのですから、集めたら集めただけ、世の中に役に立っているという証拠です。

笑顔に溢れ、キラキラしていて、とても誇らしい「ポイント」。

お金は汚いものというイメージと全く真逆だと思いませんか。

僕は、お金を「ありがとうポイント」と呼ぶようになってから、完全にお金のメンタルブロックが外れてしいました。

それ以来「どうやったら稼げるか」という感覚は一切捨て、「どうやったら、人の役に立つことができるか」だけ考えてビジネスに取り組んできました。

今では

・こんなに役に立つ情報を教えてくれてありがとう。

・こんなに素敵な商品を紹介してくれてありがとう。

・人生が変わるアドバイスをくれてありがとう。

・あなたと一緒にビジネスできて楽しい、本当にありがとう。

こういった言葉をたくさんいただけるようになり、自分でビジネスをするようになって本当に良かったと心から思っています。

当然、ありがとうポイントと比例し、自分から売り込まなくとも、たくさんのお金も集まってくるようになりました。

そしてこれからも、世界の誰よりも「ありがとうポイント」を集めたいと思っています。

ありがとうポイントなら、あったらあっただけ良いじゃないですか!

本当のお金持ちは、お金をそういう風に思っているからお金持ちなのです。

ちなみに、ギャンブルや犯罪などで一時的にお金を得ることができるかもしれませんが、それは絶対に長続きすることはできないので、その先には必ず破滅が待っています。

本当のお金持ちになるには、人の役に立ち続けるしかありません。

まとめ

いくらあなたが「お金が欲しい」と願っても、このネガティブな感情「お金のメンタルブロック」を持っている限り、決してお金持ちになることはできません。

たくさんお金を得るということは、たくさんの人の役に立つということであり、とても素晴らしいことです。

お金を「ありがとうポイント」と呼んで、一瞬にしてメンタルブロックを外し、あなたにもお金持ちになって欲しいと思います。