Pocket

こんにちは、TETSUです。

 

「仕事を辞めたい」と感じている人はとても多いと思います。

特に、新卒で新入社員として社会人になられた方は、一度はこの悩みを持たれることでしょう。

 

辞めたい理由は、就職してすぐに、学生の時に描いていた社会人の理想かけ離れた現実を叩きつけられるから。

 

生活のために、「やりたくないこと」「やり続けないといけない」ということに自覚してしまったからです。

 

やりたくない仕事を辞めることは、何の問題もありません。

 

しかし、仕事を辞めたところで、本質的な問題は解決していないのです。

何の対策もなく、仕事を辞めても、生活が苦しくなるだけです。

仮に転職しても、仕事環境が変わるだけで、やりたくないことをやらなければらならないのは変わりません

それどころか多くの場合は、賃金は下がる場合がほとんどです。

 

今回は、仕事を辞めたいと悩む人が、これから先、いつでも気楽にやめることができるようになる唯一の方法をご紹介したいと思います。

 

 

サラリーマンで本業を続けながら、資産を形成できる副業をするしかない

仕事を辞めたいのに辞めることができないのは、ほとんどが経済的理由からです。

お金のために働いている以上、この問題は、一生つきまといます。

「仕事を辞める方法」の本質は、一生つきまとう、この「経済的な問題」を解決する手段を知ることです。

 

副業での収入が、サラリーマンの収入を超えた時、何の心配もなく気軽に仕事を辞めることができます。

ただ、その副業も、コンビニバイトのように「頑張っても、本業の収入を超えることができないようなもの」や「辞めたらゼロになる」ようなモノは全く解決策になりません。

 

仕事を辞めたいという悩みから開放されるには、やった作業がコツコツ積み上がって、あるとき手を止めても収入は入り続ける「資産形成型」副業をするしかありません。

 

また、仕事を辞めて起業するのは、リスクが高すぎて、非現実的です。

というより、今の時代、仕事をしながらでも副業で十分稼ぐこともできる時代になりました。

 

以上の理由から、本当の意味で、仕事を気楽にやめる為には、資産構築型の副業をするのが唯一の方法なのです。

 

 

なぜ資産形成型副業なのか

仕事を辞めたいときに辞め、自分が納得できる人生を生きるためには「経済力」だけでなく、自由に使える「時間」が必要です。

 

それを可能にするのは「資産形成型」の副業しかありません。

 

この世には、自由な時間を作ることができる仕事と、自由な時間は作れない仕事があります。

どうせ仕事をするなら、「経済力」と同時に「時間の自由」も手に入る仕事を選ぶのは、誰が考えても普通の選択だと思います。

 

 

「仕事」の定義

学校では、「仕事」の本質ついて教えてもらえません。

だから、どうやったら解決できるのか分からないのです。

一度、立ち止まって冷静に考えてみて欲しいのです。

あなたは、なんの為に働くのでしょうか?

食べていくためでしょうか?

仕事行って、ごはん食べて、明日の仕事の為に早く寝て、起きて、また仕事行って、、、、、

どうですか?

これでは、まるで家畜か奴隷だと思いませんか?

僕たちは、何の為に生まれてきたのでしょうか?



仕事をするために生まれてきたのではありません。

そう!僕たちは「豊かに、自分らしく、自分のやりたいことをやるために生まれてきた」のです。

 

仕事とは、自分のやりたいことをやるための予算と時間の確保する手段なのです。

 

 

「好きな仕事」の落とし穴

また、好きな仕事を探している人もいます。

しかし、それは幻想です。

好きなことを仕事にした瞬間、ノルマや、やらなくてはならないことに変わってしまい、好きだったことが苦痛になってしまいます。

好きなことはビジネスではなく、あくまで趣味としておくべきです。

お金のことを一切気にせず、思う存分に楽しむのが本当の趣味なのです。

そして、好きなこと、やりたいことをやるための予算を得る手段として、ビジネスをとらえるべきです。

 

 

資産とは

あなたが所有しているモノが、あなたの代わりに働いて稼いでくれるという仕組み。

印税収入、不労所得とも呼ばれます。

 

印税収入、不労所得の種類

・不動産      アパート経営などの家賃収入や、駐車場などの賃貸収入。

・著作権      著書の出版や、CD・DVDの印税収入など。

・所有権      知的財産や、販売権の所有など。

・ビジネスオーナー   ネットビジネス、ネットワークビジネス(MLM)
※マーケットやファンクラブなど、自分が構築した流通網(ネットワーク)を所有(オーナー)できるビジネスモデル

 

 

「不労所得」という言葉の落とし穴

「不労」という言葉から、「楽して儲ける」と連想してしまいがちです。

不労所得を、労せずして得ようと思っている人を本当に多く目にします。

そして、そういった情報弱者を喰い物にする悪徳な人も、後を絶ちません。

ネット上でも

・ワンクリックするだけで月収30万!

・完全にコピペするだけの、簡単ビジネス

といった、情報弱者を煽り、喰い物にするサイトを本当に良く見ます。

 

しかし、そんな甘い言葉に絶対に引っかかってはいけません。

 

 

完全な不労所得なんてない

資産を構築したり、印税的な収入を得るにも、作業やリスクを負う必要があることは、冷静に考えれば簡単に分かることです。

また、継続的なメンテナンスも必要です。

 

 

投資収益

月額数十万円といった、サラリーマンの収入を超える金利を得たいなら、億~数千万円レベルの資本金が必要です。

また、元本を減らさないように、ポートフォリオを組んだり、プロのファンドマネージャーに任せるなどし

リスクヘッジという高レベルなメンテナンスが必要です。

 

 

著作権による印税

著作権による印税であれば、作曲や出版などの作業が必要です。

また、次々と新たな作品を生み出す必要があります。

人と比べ、類まれな才能が必要となります。

 

 

不動産収入

不動産業を始めるには、初期投資の数千万~数百万円は必要です。

普通のサラリーマンがそういった大きな金額を用意できるわけもなく、まずは銀口等からの借入れをして用意立てる必要があります。

その上、入居者が入らなければ、借入れの返済固定資産税といった支払いが重くのしかかります。

また、建物など構造物は必ず経年劣化するので、修繕費なども定期的に数百万単位で必要になります。

 

 

ネットビジネス

ネットビジネスであれば、ブログやメルマガなど、アクセスを集めることができる媒体を作り上げる必要があります。

そして、継続的な収入にするには、商品などのコンテンツを次々と考えてリリースしなくてはなりません。

また、ネットビジネスは、ある程度のノウハウが必要になり、初心者では収益はほとんど出せません。

ですので、ビジネスを取り組む前に、コンサルをつけて学んでから取り組むのが一般的です。

コンサル料も数万円から数十万、高いものでは100万円を超えるものもあり

大きく稼ごうとするなら、初期投資に大きくかける必要があります。

また基本的にネットビジネスのコンサルは成功報酬型ではありませんので、一通りノウハウを教えるまでがコンサルの仕事であり、結果については責任を負うものではありません。

 

 

ネットワークビジネス(MLM)

ネットワークビジネスをとりいれるのであれば、説明し信用を得なくてはなりません。

日本では、まだまだ、誤解されることが多いネットワークビジネス。

そのためにも、まず自分が確信を持てるくらい、勉強し、そのビジネスについて十分理解する必要があります。

また、任せることができるリーダー育成や、構築したグループの定期的なメンテナンスも必要です。

 

 

まとめ

不労所得、印税収入とは、確かで、堅実な作業でしか手に入らないということを分かっておくべきです。

 

 

 

素人でも、本業をやりながらノーリスクで始めることができる、資産形成型副業

簡単ではない資産構築ですが、その中でも、個人が一人から始めるのに適している副業はあります。

 

持ち家などを持っているならAirbnb(民泊)を

法整備が追いつかないくらい注目されているビジネスモデルです。

自分の家の「空き室」を民泊物件として貸し出すことで、収益を得ることができます。

特に外国人旅行者からのニーズは高く、これからも益々期待されるマーケットです。

アパートなど賃貸物件を又貸しするハイレベルなモデルもありますが、これは初心者の内は、収益は出ない賃貸料はかかる、といったことも想定されるので、リスクが高いため、おすすめしません。

 

 

ネットビジネス

コンサルなどをつけずとも、ネットから収集できるノウハウでも、数万円程度からは稼ぐことができます。

その場合は、ブログを媒体に始めるのが無難です。

ブログのためのレンタルサーバー代(月額500円~数千円)だけで始めることができます。

アメブロなど無料ブログもありますが、SEOやサービス停止などの問題からリスクが高いため、おすすめしません。

また、ネットビジネスとひとくくりに言いましたが、コンサルや情報商材などコンテンツを販売するもの、他者の商品を紹介するもの(アフィリエイト)、ネット上に店舗を置く物販をするものなど、業態も多種に渡るため、しっかりとした勉強が必要です。

その他、基本的には一人でやっていくビジネスですので、強いメンタルを持つ必要があります。

 

 

ネットワークビジネス(MLM)

提携する会社によりますが、基本的に自分が使って試してみるための少額の資本金しか必要がありません。

逆に、最初に何十万円といった巨額の在庫を持たすようなプランだったり、「早く始めた方が儲かる」といった、論理破綻しているプランのMLM企業は、二流、三流の会社なので、そういう会社は長続きしません。

せっかく努力して構築したネットワークも、提携会社が倒産してしまうと、全てが水の泡となります。

MLMを取り入れるのであれば、そういった「ウマい話」に煽られることなく、本当に信用をおける業界ナンバーワンの一流企業を選ぶといった冷静さが必要です。

またMLMは、仲間でやっていくモデルのため、ずっと一人で孤独に耐えてやっていかなくてはならないといったことはありません。

 

 

自分の人生は、自己責任。自分で決めるしかない。

不動産業でも、ネットビジネスでも、ネットワークビジネス(MLM)でも、チャレンジしようとすると、必ず反対勢力にぶつかります。

それは、あなたのことを思って言っているのではなく、あなただけ豊かになるのは許せないからです。

 

もちろん、そういう人たちは噂やイメージ、@名無しさん、といったネットなどの情報源を判断材料とするしかないような情報弱者ですから、本当に豊かになる手段のような、本質的な情報に触れることはできませんので、ほとんどが間違った情報です。

 

その人たちに色々言われて、辞めておくのもあなたの自由です。

今回の記事を参考にせず、転職するのも良しです。

他人のやっかみに振り回されず、自分の目で見て、耳で聞き、判断するのも良しです。

 

本当に豊かになるチャンスとは、誰かが「チャンスもらってくれませんか?」と懇願して差し出してはくれません。

自分でつかみ取りにいく以外、ないのです。

「自分の人生は、自己責任」

これだけは、分かっておいてくださいね。

 

 

まとめ

社会人になり、会社の理不尽さに気づけば、仕事を辞めたいと思うことは、普通の流れだと思います。

しかし、本質的な知識がなければ、我慢し続けるか、諦めるか、転職してさらに悪条件になるかのどれかです。

逃げても、諦めても、見ない振りしても、その先に「幸せな人生」はありません。

 

どんな情報も手に入れれる時代。

どんな情報を選び、何を取り入れるか?

それであなたの人生は決まります。

「自分の人生は、自己責任」

一度きりの人生です、一生懸命考えて、幸せなものにして下さいね。